325px-MagicianofAstromancy-ST14-JP-SR

星読みの魔術師の紹介やで!

《星読ほしよみの魔術師まじゅつし》 †
ペンデュラム・効果モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2400
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分のPモンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法カードを発動できない。
(2):もう片方の自分のPゾーンに「魔術師」カード
または「オッドアイズ」カードが存在しない場合、
このカードのPスケールは4になる。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、自分フィールドのPモンスター1体のみが
相手の効果で自分の手札に戻った時に発動できる。
その同名モンスター1体を手札から特殊召喚する。


白が基調の服装+後光まであるのに光属性では無く闇属性やで!現在判明している他の魔術師やオッドアイズモンスターも闇属性で、光属性モンスターを主役に据えたゼアルとは対照的やで!(ホープレイVのほうが闇属性のような見た目やで)

ホープv

 STARTER DECK(2014)で登場した闇属性・魔法使い族のペンデュラムモンスター。
 ペンデュラムモンスターの戦闘時に魔法カードの使用を封じるペンデュラム効果と、特定のモンスターがいない場合にペンデュラムスケールが4になるデメリット、ペンデュラムモンスターがバウンスされた時、手札から特殊召喚する効果を持つ。

 モンスターとしての効果は、自分のPモンスターが相手によってバウンスされた時だけ発動する効果。
 フィールドのペンデュラムモンスターは破壊されるとエクストラデッキへ行き、ペンデュラム召喚の布石になるため、破壊以外の除去手段を封じる点で相性は良い。
 しかし、自身のバウンスには効果が使えないため相手はまずこのカードを狙うことになり、けん制程度にしか使えない。

 ペンデュラム効果は速攻魔法を防ぐ効果。
 《時読みの魔術師》を併せて使えばペンデュラム召喚によりペンデュラムモンスターを並べつつ、魔法・罠カード双方を防げる。

 基本的にはペンデュラムモンスターである事と種族・属性サポートを活かし、壁や素材として運用していくのが主となるだろう。
引用元:遊戯王カードWiki



ペンデュラムモンスターの戦闘時に魔法カードの使用を封じさせることができるので、相手の速攻魔法による迎撃を防ぐことが出来るで!そして、時読みの魔術師と同じデメリットを持ち、魔術師と組むことが前提の効果やで!ただし、こちらはレベル5で緊急時に手札から壁として伏せることが出来ないので、あちらよりもペンデュラムのシステムに依存しているで!

モンスターとして場に出した場合は擬似的なバウンス体制を付与することが出来て、相手の場に月華竜が居る時などに活躍する効果やで!問題はこのカードのレベルが5なので、このカード自身が特殊召喚時にバウンスされる可能性が高いことやで・・・・・・・・・・(本末転倒やで)
ただし、月華竜は1ターンに1度1体のモンスターしか戻せないので、「他のPモンスターを守るためのおとり」として半強制的にこのカードをバウンスの対象にさせることを狙えるで!

MoonFlowerDragonBlackRose-YF07-JP-UR

ちなみに時読みの魔術師とは違って、モンスターカードが自分フィールド上に存在しても、このカードをPゾーンに置けるので、Pモンスターを速攻魔法から守るためだけに使うことも出来るで!
325px-MagicianofChronomancy-ST14-JP-SR