OddEyesPendulumDragon-DUEA-JP-OP

オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンの紹介やで!

《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》 †
ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
【Pスケール:青4/赤4】
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の(1)(2)のP効果は
それぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPモンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にできる。
(2):自分エンドフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、デッキから攻撃力1500以下のPモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
(1):このカードが相手モンスターと戦闘を行う場合、
このカードが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。


くちばしが黄色いせいかドラゴンというより手が生えた鳥のように見えるで!二つのP効果と一つのモンスター効果を持っているで!

 THE DUELIST ADVENTで登場する闇属性・ドラゴン族のペンデュラムモンスター。
 戦闘ダメージを0にするペンデュラム効果とペンデュラムモンスターをサーチするペンデュラム効果、モンスターとの戦闘時、戦闘ダメージを倍にする効果を持つ。

 (1)のペンデュラム効果は、戦闘破壊を防げず、戦闘破壊で効果を使えるペンデュラムモンスターはいない。
 《時読みの魔術師》はモンスターがいない場合にしか発動できないため、これの補助として使えないこともない。
 しかし、基本的におまけ程度に認識しておいたほうがよいだろう。

 (2)のペンデュラム効果は、自身と攻撃力1500以下のペンデュラムモンスターを入れ替えるもの。
 破壊されたこのカードはエクストラデッキに置かれるため、ディスアドバンテージなくエクストラデッキのペンデュラムモンスターを増やす事ができる。
 更に、サーチしたペンデュラムモンスターで自身のペンデュラム召喚の条件を整える事が可能であり、噛みあった効果といえる。
 このカードを出せる《時読みの魔術師》はペンデュラムゾーンにおける条件が限られるため、なるべく早くサーチしておきたい。

 モンスターとしての効果である戦闘ダメージの倍加は、カード・アドバンテージにこそ結びつかないが、うまく使いこなす事で大ダメージを与えられる。
 攻撃力0のモンスターを攻撃すれば5000ダメージであり、攻撃力を上昇させれば強化値も倍になるため、容易に1ターンキル圏内に持っていく事ができる。

 最上級モンスター故の重さや、低めの攻撃力は気になるものの、上記のペンデュラム召喚や種族・属性サポートカードでの補助は利きやすく、【ドラゴン族】に単体で組み込む事も可能。
 ただしペンデュラムモンスターの性質上、フィールドから墓地に行かず、再利用するにはペンデュラム召喚を組み込まなければ厳しい。
 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》や《ライトパルサー・ドラゴン》による蘇生が可能な状況は、他のドラゴン族よりも減少してしまう。
 ペンデュラムスケールが揃っていれば破壊されても毎ターンフィールドに出すことができるが、除外やバウンス、魔法・罠除去などの対抗手段は豊富。
 恒久的な維持よりは、保険とみて自身の効果と攻撃力で早期決着を狙うほうがよいだろう。



戦闘ダメージを0にする効果はあまり重要ではないものの、使いやすいサーチ効果を持ってるで!

ダメージ倍加効果のおかげでフィニッシャーとしても活躍できて、一撃の重さがあることでデュエルにメリハリが出るで!相手モンスターの弱体化や、このカードを強化できるカードを入れたデッキにはもちろん、強制転移などで低ステータスモンスターを送ることを狙っているデッキでも活躍する効果やで!

全体的に3つも効果を持っているものの、器用貧乏にならずに上級モンスターらしい活躍も狙えるバランスの良いカードだと思うで!